SEARCH
powered by
歩んできた道の正しさは、患者様が証明してくれる
  • 設立年 2003年
  • DDS歴 24年目

医療法人社団 健歯会王禅寺歯科クリニック

歩んできた道の正しさは、患者様が証明してくれる

神奈川県の歯科医院「医療法人社団 健歯会王禅寺歯科クリニック」理事長 三橋 健⼀郎先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
理事長 三橋 健⼀郎
理事長 三橋 健⼀郎

医療法人社団 健歯会王禅寺歯科クリニック

理事長 三橋 健⼀郎 先生

日本大学松戸卒
1998年
  • 日本大学松戸卒業、東京⼤学医学部附属病院
  • 顎⼝腔外科学教室にて臨床研修
2000年
  • 東京都内の歯科医院に勤務
2003年
  • 王禅寺⻭科クリニック開業

出身地:千葉県/資格・所属学会:⽇本⼝腔外科学会、⽇本⻭周病学会、日本摂⾷嚥下リハビリテーション学会、日本赤十字社救急法救急員/趣味:ウィンドサーフィン、クレー射撃

自分の治療を客観視し
経過に責任を持ちたい

当院が目指しているのは、いわゆる「かかりつけ医」として、地域の患者様にあらゆる治療を提供すること。そのために、何よりベーシックな治療を大切にしています。どんなに高度な治療も、土台にあるのは基礎。この土台が「できているつもり」になっている歯科医師が、意外と多いんですよ。治療は一人で進めることが多いので、自分のテクニックを客観的に見る機会をあまり持てないのが一因だと思います。

だから当院では、第三者の視点で治療を評価できるよう、臨床記録による経過観察を非常に重視しています。初診の患者様の場合、口腔内写真を13枚撮影。その後も毎回記録を取り、数十年の経過を追いかけます。これはすなわち、自分が手がけた治療に「責任を持つ」ことです。そして、長期的に口腔管理ができるよう、患者様との関係づくりにも力を入れています。実は、当院のレントゲンはアナログ撮影。画質にこだわると、デジタルよりもアナログの方が優れているからです。保存の際にも、指紋が一切つかないように管理を徹底。これらはすべて、患者様にベストな治療を提供するための「こだわり」です。

まずは、ピラミッドの
「土台」を確実に構築

スタッフの教育においても、重視しているのは「ベーシック」。当たり前のことを当たり前にできてこそ、一人前の歯科医師だと考えています。当院では臨床研修医を受け入れていますが、昨年来ていた方は、母校の研修医の中で最優秀賞を受賞したそう。当院は、新人が基本をきちんと身につけるのにとても適した環境であると自負しています。

具体的な育成方法としては、マンツーマンで私がつき、早期からさまざまな経験を積んでもらいます。まずはできるだけ早く、「歯を1本治せる」段階に到達することが目標です。歯科治療の技術はピラミッド型に積み上がっていくものであり、「1本の歯の治療」がピラミッドの土台。その上にレベルの高い治療を積み上げ、最終的には、咬合再構成や全顎症例まで身につけていきます。大切なのは、自ら学ぶ自発的な姿勢。向上心のある方に、当院は支援を惜しみません。「患者様のために、早くいろいろなことができるようになりたい」と考えられる方は、ここで大きく成長できるはずです。

最初の就職先が
歯科医師人生を左右する

現在ユニットは8台あり、スタッフも20名近くいますが、開業当初はユニット3台、私と歯科衛生士の2人でのスタートでした。そこから現在まで、便利とは言えない立地にも関わらず、多くの患者様に支持されてきたのは、「やるべきことをやる」を貫いてきたから。カルテナンバー1番の患者様は、今でも来てくれているんですよ。長いお付き合いの患者様の、電話帳のように分厚いカルテが多くあることが、当院の誇りです。そんな患者様の中には、ご高齢になって来院できなくなってしまった方もいて、「自力で通えないなら、こちらから行こう」と10年前からは訪問診療を開始。今後さらに広げていきたいと考えています。もう一つ力を入れていきたいことは「食育」。歯の専門家であると同時に「摂食・嚥下の専門家」として、子どもの食育指導や、介護食のアドバイスも行いたいと考えています。今年中に院内にキッチンを作り、管理栄養士を雇う予定。こうした取り組みに参加したい方も大歓迎です。

若いうちに大切なのは、どんな歯科医師になりたいかという「夢」。その描いた夢に向けて、自分に合った環境でやるべきことを一つひとつ積み重ねていけば、結果は後からついてくるはず。ぜひ当院で、ともに切磋琢磨しませんか。

MESSAGE
副院長メッセージ

斎藤 ⼤輔
斎藤 ⼤輔

副院長斎藤 ⼤輔先生

  • 入職年 2015年
  • DDS歴 12年目
2009年
  • 昭和大学卒業、
  • 昭和大学/高柴歯科にて臨床研修
  • 東京都内の歯科医院に勤務
2015年
  • 医療法人社団健歯会王禅寺⻭科
  • クリニックに入職
2019年
  • 副院長に就任

出身地:島根県/DDSを目指したきっかけ:歯科医師である父の跡を継ぎたいと思った/趣味:スキー/モチベーションアップ法:誰かの話を聞くこと/座右の名:毎日楽しく/オススメの本:小児の咬合育成/オススメの勉強法:学んだら即実践

「どこまでこだわれるか?」。姿勢の変化が一番の成長。

当院に入職し、自身の変化を最も感じたのは治療に向き合う姿勢です。以前は妥協することもあったのですが、理事長の姿勢に触れるうち、「どこまでこだわれるか?」を考えるようになりました。理事長は本当に勉強熱心で、私が質問するといつも喜んで教えてくれるんです。就職活動で大切なのは、なりたい歯科医師像を意識して職場を選ぶこと。治療の質にこだわり技術と知識を究めていきたい方には、当院をオススメします!

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
70

ユニット台数

8

患者の特徴

  • 幅広い年齢層
  • 広エリア
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢16名 (DDS5名/DH6名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 基礎重視
  • マンツーマン指導
  • 複数の育成担当
  • 新人採用実績
  • 相互練習あり
  • 症例検討会あり

王禅寺歯科クリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 診療内容の特徴は?

A1小児~高齢者まで幅広い患者層。一般歯科はもちろん、インプラントや矯正、審美、訪問も含めた総合的な診療を行っています。理事長は口腔外科出身で、全身管理の知見も豊富。加えて、治療終了後の予防も重視しています。

Q2 就業環境について教えてください

A218:30終業で残業もなく、メリハリをつけてプライベートを充実させられる環境。女性の働きやすさも大切にしており、産育休や育児時短勤務の実績もあります。また、遠方からの入職も、引っ越し補助金などでサポートしています。

Q3 職場の雰囲気は?

A3職種を問わずお互いに自然と助け合う風土があり、チームワークは抜群。仕事にとても真面目に取り組む一方、オフの時間はユーモアにあふれた楽しい雰囲気です。理事長も気さくで温厚。新人さんもすぐに溶け込めるはずですよ。

医院情報

医療法人社団 健歯会

  • 王禅寺歯科クリニック神奈川県川崎市麻生区上麻生4-15-1 山口台ビル4F
三橋 健⼀郎先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

三橋 健⼀郎先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る