SEARCH
powered by
新しい課題が現れるのは、自分の成長の証
  • 入職年 2019年
  • DDS歴 4年目

医療法人 桜光会あおば歯科クリニック

新しい課題が現れるのは、自分の成長の証

埼玉県の歯科医院「医療法人 桜光会あおば歯科クリニック」に勤める鳴澤 葵先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 鳴澤 葵
歯科医師 鳴澤 葵

医療法人 桜光会あおば歯科クリニック

歯科医師 鳴澤 葵 先生

東京歯科大学卒
2018年
  • 東京歯科大学卒業、
  • 東京女子医科大学病院にて臨床研修
2019年
  • あおば歯科クリニック入職

出身地:東京都/リフレッシュ法:ジムで筋トレ、ランニング、大学時代の友人と食事をする/モチベーションUP法:何事もポジティブに捉える/モットー:最後まであきらめない

最初から最後まで
責任を持って見届けたい

父が歯科医師として地域医療を支える姿を見て、私も同じ道に。臨床研修では大学病院の口腔外科に所属しました。しかし、専門以外の治療はかかりつけのクリニックにお任せするなど、口腔外科では治療の「一部」しか見られないことが多くて。そのことにもどかしさを感じ、「最初から最後まで、自分の手で治療を行える歯科医師になりたい」と強く思うようになりました。

就職先を選ぶ際にも、それが実現できることを重視。加えて、研修医時代に学んだ口腔外科も実践できる職場を探しました。当院は「歯科は一つの科」という理念の下、保存、修復、矯正などのさまざまな分野を一貫して提供しています。智歯抜歯や歯冠長延長手術、歯周外科なども院内で対応しており、まさに私の理想の環境でした。さらに、天然歯をとことん大切にする姿勢も魅力でしたし、見学のときにはスタッフみんなが明るくあいさつをしてくれて、雰囲気も抜群。実はその後、東京も含めて他に6軒の医院を見学したのですが、「やはりここしかない」と当院への入職を決めました。

挑戦が怖くなったときに
私を励ましてくれた一言

臨床研修を終えた段階では、一般歯科はほとんど未経験。まずは理事長の治療の見学と練習から始め、一つひとつチェックを受けながら実践していきました。私にとって最初の「壁」は、智歯抜歯。一年目の夏ごろから挑戦し始めたのですが、最初はなかなか抜くことができず、途中で理事長に交代してもらったことも。うまくいかなかった経験から自信がなくなり、次の抜歯が怖くなってしまったのですが、そんなときに理事長がかけてくれたのが「落馬しても、またすぐに乗りなさい」という言葉。ここで足を止めてはダメだと励まされ、諦めずに挑み続けることができました。実践と練習を重ね、初めて一人で水平埋伏の抜歯を終えられたときの達成感は忘れられません。今では院内の智歯抜歯をほぼすべて任されており、この2年間で、ほとんどのケースに対応できる実力がつきました。

しかし、一つの課題をクリアしても、また次の課題が見えてくるのが歯科医療の世界。次々と現れる壁にくじけそうになることもありますが、理事長から「今度はこれを達成しよう」と言ってもらえるのをうれしいとも感じていて。新たな目標ができるのは、自分の成長の証。もう一歩先の自分を目指して、前向きに挑戦を続けています。

「先生が担当ですか?」
そのうれしい意味とは…

実は先日、うれしいことがありました。智歯抜歯の患者様から「先生が担当ですか?」と質問が。若い女性歯科医師だから不安なのかと思ったのですが、実はそうではなくて。「友達に鳴澤先生がすごく上手って聞いたから、ラッキーだと思って」ということだったんです!最近は指名してくださる患者様も増え、一層のやりがいを感じますね。抜歯には恐怖心のある方も多いので、たくさん話しかけたり、処置内容を逐一丁寧に説明したりと、なるべく不安を和らげることを心がけています。

今年は、臨床研修が終わって3年目。基本的なことは習得し、「自分はできる」と勘違いしがちな時期でもあります。しかし、「守破離=教えを守り、自分なりに破り、独立して離れる」という言葉で言うと、私はまだまだ「守」の段階。まずは教わったことを完璧にしつつ、それらを後輩に伝えることが今年の目標です。そして、将来目指している姿は「何でもできる歯科医師」。他院で治療を断られてしまった患者様に対しても、自信を持って「できますよ」と言えるだけのスキルを身につけたいですね。当院なら、それをきっと叶えられると確信しています。

MESSAGE
理事長メッセージ

昆 敏明
昆 敏明

理事長昆 敏明先生

  • 設立年 2005年
  • DDS歴 29年目
1984年
  • 獨協大学外国語学部
  • ドイツ語学科卒業
1993年
  • 東北大学卒業
  • 秋田県内の歯科医院に勤務
1995年
  • 埼玉県内の歯科医院に勤務
2005年
  • あおば歯科クリニック開院
2007年
  • 医療法人 桜光会設立

出身地:新潟県/特技:根管治療/リフレッシュ法:釣り/モットー:できる限り大切な歯を抜かない

どんどん力を伸ばしたい!その熱意に応えます

当院のメインコンセプトは「歯牙保存」。悪くなったら抜いてインプラントを入れれば良いとするのではなく、できるだけ歯を残すことにこだわり、歯周病治療や根管治療に力を入れています。また口腔外科のニーズも高く、ガマ腫や粘液嚢胞、小帯異常などさまざまな症状を持つ方が来院。地域のクリニックでありながら、大学病院並みの症例に触れることができます。勉強が好きな方、成長意欲のある方にはピッタリの環境ですよ。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
130

ユニット台数

14

患者の特徴

  • 幅広い年齢層
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢45名 (DDS8名/DH16名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • マンツーマン指導
  • 新人採用実績
  • 模型練習あり
  • 院内セミナーあり
  • 学会費支給

あおば歯科クリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 学べる環境は?

A1研修にはGPアカデミーの通信教育を導入。模型教材やマネキンを使って、自主練習にも積極的に取り組めます。また院内勉強会を行うほか、外部講習会への参加や資格取得も支援。歯科医師向けに、詳しいマニュアルも作成しました。

Q2 どんな設備がありますか?

A2無影灯、外科用バキュームなどの専用設備をそろえたオペ室や、患者様がユニットに座ったままレントゲンを取れる歯内療法室を完備。CTやマイクロスコープなどの最新機器も導入し、歯を残すための治療に徹底して取り組んでいます。

Q3 福利厚生について教えてください

A3引っ越し補助金や住宅手当を用意し、遠方からの入職をサポート。勤務時間は17:45までなので、仕事後の時間を勉強や趣味にしっかりと使えます。また、産休中の歯科医師や育児中のスタッフもおり、女性が働きやすい環境を整えています。

医院情報

医療法人 桜光会

  • あおば歯科クリニック埼玉県狭山市広瀬東3-123-1
鳴澤 葵先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 桜光会 あおば歯科クリニックの動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

鳴澤 葵先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 桜光会 あおば歯科クリニックの動画をチェック!

« TOPページへ戻る