SEARCH
powered by
治療が、人が、つながっていく。だから、先に進める。
  • 入職年 2018年
  • DDS歴 5年目

医療法人社団 幸陽会間瀬デンタルクリニック

治療が、人が、つながっていく。だから、先に進める。

千葉県の歯科医院「医療法人社団 幸陽会間瀬デンタルクリニック」に勤める友田 航輔先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 友田 航輔
歯科医師 友田 航輔

医療法人社団 幸陽会間瀬デンタルクリニック

歯科医師 友田 航輔 先生

東京医科歯科大学卒
2017年
  • 東京医科歯科大学卒業、
  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院・
  • 医療法人社団幸陽会にて臨床研修
2018年
  • 医療法人社団幸陽会に入職

出身地:福岡県/所属学会:日本歯周病学会、日本口腔インプラント学会、日本顎咬合学会/DDSを志したきっかけ:経営に関心があったから/リフレッシュ法:サウナ・銭湯めぐり/モチベーションUP術:セミナーに参加する

「ここでもっと学んでみよう」
自分の進みたい道が見えた

私が当院を知ったのは、臨床研修先として。実は当時は漠然と、その後は大学院に進学しようと思っていたのですが、ここで研修医として勉強しているうちに、その考えが変わっていきました。当院は開業医の中では規模が大きく、幅広い症例を数多く経験できる環境。それに対して大学病院では、一つの専門分野を深めることはできますが、幅広く診ることは難しいんですよね。また、私はその頃から将来的に開業したいと考えていたので、経営や人材マネジメントなどを勉強できることにも魅力を感じ、当院への入職を決めました。

入職後は約3ヶ月間をかけて、一通りの保険診療をマスターします。しかし初めは、患者様一人の治療に長時間かかってしまうことも多かったですね。そんなときにも先輩や院長が「時間はかかって良いから、やれるところまでやってごらん。困ったらいつでも呼んで」と声をかけてくれたので、落ち着いて取り組めました。診療に慣れてくると、患者様から自費診療のご希望もいただくようになって。その際にも「患者様は友田先生との信頼関係の上で自費診療を選ばれたのだから、自分で挑戦してみたら」と院長が後押しをしてくれ、練習に付き合ってくださいました。こういった経験を積み重ねる中で、1年目の終わりごろには、一人でできる治療がかなり増えましたね。

自分とは違う考え方に
触れることが楽しくなった

入職して2年目になると、他職種のスタッフの育成に関わる場面も少しずつ増加しました。しかしそれまでの私は、自分と立場が違う人に対して、何かを「伝える」という経験がほとんどなかったんです。そのため、どう伝えれば良いのか悩んでしまうこともあって。そんなときに院長に勧められて参加したのが、人材育成のセミナー。コミュニケーションの基本や「褒める」ことを重視したマネジメントスタイルについてなど、たくさんの学びを得られました。そのセミナーを受講してから、「伝える」ことに前向きに取り組めるように。今は、さまざまな人と話をする中で自分とは違う考え方を知ることが、とても面白いと感じています。

患者様とのコミュニケーションの際にも、できるだけ相手の立場に立ち、わかりやすく、親しみやすく伝えるように心がけています。しかしやはり、「ドクターには話しにくい」という方も多いんですよね。そんなときには、歯科衛生士やアシスタントが患者様の立場もドクターの立場もわかった上で橋渡しをしてくれるので、とても助かっています。

視野が広がると、すべての
治療が連続して見える

今、私が力を入れているのは歯周病治療。歯周病って、すべての治療分野に関わってくるんですよね。歯茎の状態が悪ければ補綴物も入れられなかったり、矯正もできなかったり。治療の根幹に歯周病治療を据えることで、幅広い分野を連続的に理解できるんです。目標は、4年後に日本歯周病学会の専門医を取ること。それに向けて、日々院長から学んでいるところです。

当院の一番の特徴は、研修医時代に感じたように、幅広い症例を多数診られること。その中で視野が広がり、「その場限り」ではない治療、疾患の原因を根本的に解決できる包括的な治療が身についてきていると感じています。しかも、一人だけで治療に取り組むのではなく、院長や先輩をはじめさまざまなスタッフのサポートがしっかりあることが、新人ドクターにとってはとても心強いですね。当院のドクターは、人間的にも尊敬できる人ばかり。当院で働くことで、患者様からもスタッフからも信頼されるドクターに成長できると確信しています。

DDS Career Interview
先輩DDSが語る キャリアSTORY

歯科医師原田 正和先生

  • 入職年 2016年
  • DDS歴 7年目
原田 正和
2015年
  • 東京歯科大学卒業
  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院・
  • 医療法人社団幸陽会にて臨床研修
2016年
  • 医療法人社団幸陽会に入職、同年から千葉県内
  • にある実家の歯科医院と掛け持ち勤務

出身地:千葉県/所属学会:日本歯周病学会、日本口腔インプラント学会、日本顎咬合学会/趣味:ライブ・CD集め(特に海外のバンド)・映画鑑賞/座右の銘:やらずに後悔するより、やって後悔する

原田 正和

必ず誰かが助けてくれる その安心感が成長を促した

「院長、助けてください!」と何度呼びに行ったか(笑)

私が研修医として当院で学んでいるとき、ちょうど当院は先代から今の院長に継承するところで。私の実家も歯科医院なので、院長の姿が将来の自分と重なりました。そして何より院長の優しく親しみやすいキャラクターに惹かれ、ここで学んでみたいと入職を決意したんです。しかし私は本当に不器用で、初めのうちは何もできなくて…。治療のたびに、「院長、ここがわからないです…」「院長、この歯が抜けなくて」と、何度も呼びに行きました(笑)。でもいつも、嫌な顔一つせずに助けに来て、必ずなんとかしてくれるんですよね。大きな安心感があったので、当初は全く自信がなかった私も一歩ずつ成長していけました。このように私の場合はスロースターターだったわけですが、それぞれのドクターのペースを尊重してくれることも、当院の良いところ。例えば患者様のアポイントも、控えめが良い人には余裕を持って、バリバリやりたい人には毎日ぎっしり入れるなど、柔軟に対応してくれます。

[全文表示閉じる]

専門性の高い治療を幅広く学べる環境が強み

当院には、老若男女、本当にさまざまな患者様が来院されます。重度の歯周病の方、咬合の再構築が必要な方、小さいお子さん、カリエスフリーでメンテナンスに通っている方も。同時に、ドクターの専門分野もバラエティに富んでいます。院長は歯周病が得意ですし、他にも、根管治療、矯正、小児、インプラント、麻酔など、さまざまな分野を専門とするドクターが在籍。各分野のレベルの高い治療を直接学べるので、本当に勉強になりますね。私も歯周病の認定医取得に向けて、症例をまとめているところです。これまでは院長や先輩に頼ることが多かったのですが、気づけば、研修医や他職種のスタッフに教えたりすることを楽しんでいる自分がいます。そうする中で自分の理解が足りない部分も発見できますし、もっと勉強しようという気持ちになりますね。当院は自分次第でいくらでも成長でき、やりたいことには何でも挑戦させてくれる職場。ぜひ、一緒に学びませんか。

[全文表示閉じる]

Schedule
一日の流れ

  1. 出勤・朝礼

    全体朝礼の後、アシスタントとその日の予定を確認。ドクターとアシスタントは二人一組で治療を行い、月ごとに組み合わせが変わります。

  2. 午前診療

    高齢者や主婦の方が中心です。丁寧にコンサルティングや検査をした上で、治療計画を立案。不安な点があればすぐに院長や先輩に相談します。

  3. 昼休憩

    ドクター専用の休憩室があり、談笑しながら昼食。プライベートの話などから診療中とは違った一面も見え、距離が縮まります。

  4. 午後診療

    幼稚園や学校帰りのお子さん、仕事帰りの方などが増加。忙しい時間帯は特に、アシスタントや歯科衛生士との連携を意識します。

  5. 退勤

    翌日の患者様のカルテを確認し、アシスタントと情報共有。診療は18時までなので、仕事後に自分の時間がしっかり取れます。

ANALYSIS
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
125

ユニット台数

14

患者の特徴

  • 幅広い年齢層
  • 近隣在住
  • リコール中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢60名 (DDS16名/DH19名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • 複数の育成担当
  • 座学研修あり
  • 新人採用実績
  • 模型練習あり
  • 院内セミナーあり

STUDY × TRAINING
教育体制

歯科医師臨床研修施設となっており、教育体制は万全。短期間で大きく成長できる。

  1. 自費診療を含め、3年間で一通りの治療を習得

    約3ヶ月で一通りの保険診療をマスター。見学、講義、動画などで学んだ後、先輩の指導の下で模型実習を行い、テストに合格したら臨床で実践できる。

  2. 個々のペースを大切にする 新人研修カリキュラム

    各分野の専門医から指導を受けながら、歯周外科やMTM、全顎補綴など、診療の幅を少しずつ広げていく。定期的にドクター勉強会も行っている。

  3. 学会・外部勉強会に積極参加!費用補助も充実

    新人も含め、学会・セミナーに積極参加して最新医療を学んでいる。インプラントや歯周病の学会には毎年全員で参加し、宿泊費まで医院負担。

Book
オススメの本

「変化」に対応できる人の考え方とは?

子どものころに父親に勧められて一度読んだのですが、当時はこの本の意味することはよくわかりませんでした。しかし大人になって読み返してみたら、新たな気づきがたくさんありました。ものごとは日々変化していくもの。何もせずに待っているだけでは、状況は変わりません。身の周りで起こる「変化」に、自分がどのように対応していくべきか。読みやすい表現でありながら、人生の大切なヒントが得られる1冊です。(原田 正和)

Facility
院内設備

ログハウス風の建物の中には 最新機材が充実!

ログハウスのような温かみのある建物内には、マイクロスコープやCT、トリオス、光学スキャナーなどの最新機器をそろえている。衛生管理も徹底し、滅菌器はクラスBのものを採用。自信を持って安全な診療を提供できる。ときにはドクターの提案で新しい機材を購入することも。

間瀬デンタルクリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 どのような福利厚生がありますか?

A1社保完備で講習会費補助があるのに加え、遠方から入職する方には、引っ越し代や家賃、車通勤費の補助などを支給。近隣に住む場合、家賃の個人負担はほとんどかかりません。有休も取りやすく、プライベートも充実させられる環境です。

Q2 医院の立地について教えてください

A2当院がある富津市は、東京湾に近い千葉県西岸。アクアラインの木更津金田ICに近いため、品川や横浜まで1時間弱で移動できます。ゆとりある「田舎」の良さと、勉強会などに参加しやすい「利便性」。その両方を兼ね備えています。

Q3 職場の雰囲気は?

A3みんな勉強熱心なことに加え、「困っている人は助けよう」という文化のある職場。職種を問わずコミュニケーションが取りやすく、雰囲気に惹かれて就職を決めたドクターやスタッフも多くいます。ぜひ、見学にお越しください。

医院情報

医療法人社団 幸陽会

  • 間瀬デンタルクリニック千葉県富津市大堀2-16-10
友田 航輔先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 幸陽会 間瀬デンタルクリニックの動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

友田 航輔先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 幸陽会 間瀬デンタルクリニックの動画をチェック!

« TOPページへ戻る