SEARCH
powered by
“プロ集団”の中でこだわりを深めていく
  • 入職年 2017年
  • DDS歴 22年目

医療法人 金尾歯科医院

“プロ集団”の中でこだわりを深めていく

和歌山県の歯科医院「医療法人 金尾歯科医院」に勤める柳 美香先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 柳 美香
歯科医師 柳 美香

医療法人 金尾歯科医院

歯科医師 柳 美香 先生

東京歯科大学卒
2000年
  • 東京歯科大学卒業
  • 大阪大学歯学部附属病院にて臨床研修
  • 大阪府内の歯科医院に勤務
2006年
  • 小児歯科専門医院に勤務
2017年
  • 金尾歯科医院に入職

出身地:大阪府/資格・所属学会:日本小児歯科学会、歯科医師臨床研修指導医/趣味:ランニング、犬の散歩など体を動かすこと/モットー:現状にとどまらず、常に前進し続けること

大型医院ならではの
チーム医療を体感

大学卒業後は大学病院でデンチャーを専門に勉強し、並行して勤務していた一般歯科では中年層の治療や介護施設での高齢者の口腔ケアに携わりました。そういった年齢になると口内環境が悪くなっている方が多く、それを見ているうちにだんだんとどうすれば根本的に解決できるのかと考えるように。そこで「一生涯の健康をつくるためには、“はじめ”が肝心だ」と思い至り、小児歯科専門の医院に就職しました。十数年間勤務した後、今まで身につけた自分の力を試してみたいと思うようになり、医院規模の大きい当院に入職しました。患者層が幅広いのに加え、スタッフもいろんな分野の専門医をはじめ他職種もたくさん勤務していて、きっとここなら多くを学べると考えたんです。

入職してからその期待通り、矯正や口腔外科など各分野の専門医が持つ最前線の知識に触れることができ、とても勉強になっています。また歯科衛生士や歯科助手も、それぞれの担当分野だけでなく違う職域についても勉強しているので、連携がしっかりとれています。小児歯科は、1秒2秒のロスでお子さんの気分が変わることがあるので、スピード勝負。アシストの方がそこを理解して、器具の渡し方やバキュームの使い方をドクターの個性に合わせて工夫し、スムーズにサポートしてくれるところはさすがだと思いますね。

「伝え方」次第で
診療の満足度が変化する

小児歯科では、親御さんとの対話がとても大事。親御さんが満足されれば、そこから長く通っていただけますし、ご家族皆さんとのお付き合いになるかもしれません。特に初診時はお子さんの口腔をとても心配されていることが多いので、安心してもらえるよう状況を噛み砕いて伝えることを心掛けています。診療を重ねるうちに、初めは怖がっていたお子さんが「おはようございます!」と元気にあいさつをして診療室に入ってきたり、親御さんから「歯医者さんに来るのが楽しくなってきたみたいです」と言っていただけたりすると、この仕事をしていて良かったと実感しますね。

口の中は体で一番敏感な場所です。触られること自体に不安があるものですし、こちらが良かれと思ってやったことが、ご希望とは違ったということも。一人ひとりに正面から向き合って心の中まで理解し、ご納得いただける治療をしようと努めてはいますが、どうしても難しいときは理事長に相談して代わりにお話ししてもらうこともあります。理事長は臨床経験が長く広い視野をお持ちなので、患者さんの生活背景やその方に合ったケア、またどう話せば伝わるかということまですぐに解釈し、判断してくださるんです。そんな姿を見ることで、自分の対応の幅も少しずつ広がってきているように感じています。

自分の歩むべき道が
見えてくる環境

大学病院にもひけをとらない設備を備えた高水準の環境でありながら、スタッフはみんないつもにこやかでアットホームな雰囲気。それも、理事長の人柄あってのものです。理事長はスタッフ一人ひとりをしっかりと見ていて、それぞれが得意分野を伸ばして仕事のやりがいや楽しさを感じられるように導いてくれるんです。また、とても勉強熱心な方なので、外部セミナーに誘ってくださることも多く、それをきっかけに向上心や知識への欲求が刺激されたりしますね。

新人のうちは、とにかく場数を踏むことが大事。さまざまな分野の治療に触れて知識と技術の幅を広げていきながら、自分のやりたいことを見つけていく時期です。当院は赤ちゃんから高齢の方までいろんな年齢の患者さんが訪れ、症例も豊富。毎日の診療の中で着実に経験を積むことができ、自然と適性を見いだせる環境です。また、プロ意識の高いメンバーに囲まれているので、歯科医師としてのあり方も考えられますよ。ぜひ当院で一緒に、一段上の歯科医師を目指していきましょう。

President Message
理事長メッセージ

理事長金尾 好章先生

  • 設立年 1977年
  • DDS歴 47年目
金尾 好章
1975年
  • 日本大学卒業
  • 日本大学松戸歯学部附属病院に勤務
1977年
  • 金尾歯科医院開業

出身地:和歌山県/資格・所属学会:歯科医師臨床研修指導医、日本小児歯科学会専門医、日本矯正歯科学会、日本口腔診断学会、日本総合歯科学会、日本ヘルスケア歯科学会、関西ヘルスケア歯科談話会

金尾 好章

源流から 健康な歯をつくる ファミリーデンティストに

より低年齢から
関わることで
虫歯ゼロを目指す

歯科医療において大切なのは、患者さんが子どもの頃から深く関わっていくこと。たとえば、海をきれいにすることは難しいですが、上流に遡っていけば澄んだ水が湧いていますよね。つまり汚れの少ない段階でしっかりフォローすれば、虫歯ゼロの健康な永久歯列を守れるということ。口腔ケアの習慣づけは、年齢が低ければ低いほど大きな効果を得られるんです。私は小児歯科の専門医ですが、親御さんへの説明を行ったり、ときには親御さんも一緒に診させていただいたりするうちに、一般歯科にも携わるようになりました。また、開業当時はお子さんだった患者さんも今では成人になり、中にはお孫さんを連れて来られる方もいらっしゃいます。一定の年齢層で患者さんを区切ってしまうのではなく、一人のお子さんをきっかけに、そのご家庭と長くお付き合いする。これが理想的なファミリーデンティストの形だと考えています。

[全文表示閉じる]

小児歯科から成人診療へ
着実にレベルアップ

若いドクターは、とにかく手技面を早く身につけたいと考えがちです。しかし最初に肝心なのは、病因論を理解すること。当院ではまず座学を行い、そこをきちんと押さえていきます。次に臨床の最初の関門として、乳歯の抜歯をお任せします。若手ドクターにとって、お子さんが気づかないくらい優しく麻酔をして歯を抜くことは、埋伏智歯を口腔外科の専門医が抜くのと同じくらいの難しさ。乳歯の抜歯をマスターすることが、将来成人の難度の高い治療をするための土台になるんです。歯科は、10センチ四方の領域での治療。基礎から一つひとつ勉強していけば必ずできるようになります。大事なのは、真面目で誠実な気持ちと、学びたいという前向きな想い。上を目指す方は全力で応援するので、ぜひ安心して飛び込んできてください。

[全文表示閉じる]

Schedule
一日の流れ

  1. 出勤・朝礼

    朝礼ではオンラインチャットを使い、共有事項を部署ごとに報告。遠方から勤務するドクターは朝礼には参加せず、8時45分から9時30分に出勤します。

  2. 午前診療

    0~4歳のお子さんが検診や治療で来院。3歳以上は親御さんと離れて治療を行うので、不安を解消するため「上手だね」などと常に声掛けをします。

  3. 昼休憩

    周辺に飲食店が多いため、気分転換を兼ねてスタッフ同士で外食。他分野専門のスタッフから新しい知識を聞いたりもでき、良い刺激になります。

  4. 午後診療

    年中・年長さんや小学校低学年のお子さんが増えます。小学生になると自分の意志が明確になってくるので、気持ちをしっかりくみ取ることも大事。

  5. 退勤

    手の空いたスタッフから順次片付けを開始。3階が終わったら2階の一般診療フロアをサポートします。テキパキ動くので、18時半過ぎには退勤可能。

Analysis
医院分析

診療の傾向

来院患者数

一日平均
140

ユニット台数

21

患者の特徴

  • 小児中心
  • 広エリア
  • 新患中心

スタッフ人数(法人合計)

総勢52名 (DDS10名/DH15名)

医院の雰囲気

落ち着き にぎやか

教育の特徴

  • 実践重視
  • 専任の育成担当
  • 複数の育成担当
  • 新人採用実績
  • 院内セミナーあり
  • 資格取得支援制度

STUDY × TRAINING
教育体制

歯科医師臨床研修施設であり、若手ドクターの育成実績が豊富。基礎固めからスキルアップ、専門分野の習得までをとことんサポートする体制が整っている。

  1. 朝の30分間で 基礎知識を定着させる

    週1回朝の30分間、理事長からマンツーマンで知識を学ぶ勉強会が設けられている。内容は病因論の習得、模型を使った麻酔注射実習などさまざま。

  2. プロ講師を招いた 院内研修を実施

    専門医やフリーランスの歯科衛生士などプロ講師を招いての院内研修を実施。業界の最先端で活躍する人から学び、治療技術の向上に努めている。

  3. 学会や外部セミナーにも 積極的に参加できる

    外部セミナーへの参加を推奨しており、参加費も補助。認定資格の取得もサポートするなど、歯科医師として上を目指す方への援助は惜しまない。

Commitment
医院のこだわり

50名以上のスタッフが在籍し、一般歯科から矯正、口腔外科まで幅広い診療に対応。特に予防・定期メンテナンスを重視しており、「一生涯むし歯ゼロ」を目指して歯磨きや食事、口の体操など多角的な視点から健康な口腔づくりにアプローチしている。

  • 小児からの予防に注力

    6歳未満の新患が年間約600人来院。0歳とその母親を対象とする歯磨き教室を開催するなど、母親との対話も大切にしている。

  • 多職種によるチーム医療を実践

    診療放射線技師や管理栄養士、保育士など多くの職種が在籍。各々が本来の職務に専念し、能力を発揮できる環境が整っている。

  • 各患者に合わせた予防歯科を提案

    治療内容を記録する医院オリジナルの健康ノートや啓発チラシなどを患者さんに配布。一人ひとりの意識改革にも取り組んでいる。

Facility
院内設備

大学病院並みの設備で 総合的な歯科診療を実践

2階は一般歯科専門フロアで、プライバシーに配慮した「個室診療室」を設置。3階には「予防歯科健診室」や「こども歯科健診室」があり、よりきめ細かな診療ができる環境が整っている。また、矯正、小児、口腔外科など各分野の専門医も在籍。充実した設備のもと、総合的な歯科医療を提供している。

医療法人 金尾歯科医院を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 福利厚生について教えてください

A1寮や引っ越し補助、家賃補助など一人暮らしの方への支援が充実。また、託児室を完備しているので、お子さんがいる方は一緒に通勤、帰宅ができます。スタッフの数が多いためシフトの自由度が高く、休暇も取りやすいです。

Q2 医院の雰囲気はどうですか?

A2長く地域から愛されている当院。スタッフ間の連携も活発で、仕事がしやすい人間関係です。診療中は余計な私語をせずに仕事に集中する一方、休憩時間になれば一緒にランチに出かけたりと、オンとオフのメリハリがきっちりしています。

Q3 どんな環境で学べますか?

A3院内勉強会や外部セミナーで学べるほか、歯科関係の図書やスライドなど勉強のためのツールが豊富で、どんどんステップアップしたい方にぴったり。勤務医専用のスタッフルーム(医局)もあり、各分野の専門医と情報交換ができます。

医院情報

医療法人 金尾歯科医院

  • 和歌山県和歌山市吉田537
柳 美香先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 金尾歯科医院の動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

柳 美香先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 金尾歯科医院の動画をチェック!

« TOPページへ戻る