SEARCH
powered by
歯科医師として進むべき道が見つかった
  • 入職年 2020年
  • DDS歴 11年

医療法人社団 OMS

歯科医師として進むべき道が見つかった

神奈川県の歯科医院「医療法人社団 OMS」に勤める志賀 正康先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
ホワイト歯列矯正クリニック・ホワイトエッセンス・ たまプラーザ 院長 志賀 正康
ホワイト歯列矯正クリニック・ホワイトエッセンス・ たまプラーザ 院長 志賀 正康

医療法人社団 OMS

ホワイト歯列矯正クリニック・ホワイトエッセンス・ たまプラーザ 院長 志賀 正康 先生

岩手医科大学歯学部卒
2011年
  • 岩手医科大学歯学部卒業
  • 同大学歯科医療センターにて臨床研修
2012年
  • 昭和大学 小児成育歯科学講座に入局
2015年
  • 昭和大学 小児成育歯科学講座 助教(員外)
2017年
  • 昭和大学 小児成育歯科学講座 助教
2020年
  • 医療法人社団 OMS 入職

出身地:東京都/資格・所属学会:日本小児歯科学会専門医、日本障害者歯科学会、日本口蓋裂学会/休日の過ごし方:子どもと遊ぶ/オススメの勉強法:メモを取りながら話を聞き、それをノートにまとめて頭にインプットする

この仕事の本質に立ち返り
ゼロから学ぶことにした

大学で働いていた頃は、小児の成長発育に関すること全般を学んでいました。そのため「子どもの治療」については自信がついたのですが、その一方でさらにプラスアルファの技術を身につける必要があるとも感じていて。もっと自分の価値を高めるためにはどうすれば良いのかと悩んでいたとき、当法人の理事長に出会ったんです。「単に痛みを取ったり機能を向上させたりするだけでなく、精神的にも前向きになれるようサポートするのが歯科医師に求められる仕事。それには健全で美しい歯並び・咬み合わせをつくっていくことが重要」というお話を聞き、迷いが晴れていくような気がしましたね。小児歯科医として子どもたちの笑顔をつくっていくためには矯正を学ぶことが不可欠だと確信し、歯科医師として今後進んでいくべき道が明確になった瞬間でもありました。

それまで矯正には全く触れたことがありませんでしたが、思い切って入職を決められたのはやはり教育体制が整っていたからです。初めは見学と座学から入り、その後理事長や先輩についてもらって実際の処置にも挑戦。空いた時間に症例検討会に参加したり、動画マニュアルを観たりもして、徐々に「歯ってこうやって動いていくんだ」と理解を深めていきました。

自分の個性を生かしながら
確かな歯科医療を提供する

現在は初診カウンセリングから、矯正の肝である診断まで担当させてもらえるようになりました。歯科診療には10年以上携わっているとはいえ、矯正に関してはまだ1年目。経験した症例が少ないため一人では判断がつきにくいことも多いですが、理事長や先輩にいつでもアドバイスをいただけるので安心してチャレンジできています。治療計画の立て方や患者さんへの伝え方などはドクター一人ひとり違うもの。さまざまな視点や考え方に接する中で、だんだん自分のやり方が確立されてきたと実感しますね。

小児歯科に勤務していたため、子どもたちへの対応は私の得意分野。少しでも堅い雰囲気があると身構えられてしまうので、「まずは仲良くなること」を第一にしています。学校で何をしたとか、お年玉はいくらだったかといった他愛ない会話をしながら、とにかく歩み寄っていくことが大事ですね。私も就学前の子を笑わせられるようになるまでには5年ほどかかってしまいましたが、根気よく続けていればきっと誰でもできるはずなので、これから入職する方も悩んだときはぜひ相談ください。

高い技術だけでは
患者さんを笑顔にできない

私の座右の銘は「患者さんファースト」です。研修明けのドクターはスキルが未熟なこともあり、「技量ファースト」が患者さんのために良いことだと思ってしまう傾向がありますが、それは間違い。まずは患者さんの希望をきちんと聞かなければ、最適な治療を提案することはできないからです。特に当法人に入職し、理事長が患者さんへの説明や傾聴をとても大事にされているのを見てからはさらにその意識が高まりました。カウンセリングの後、「ここに来て良かった、先生にお任せします」と言っていただけると、心からやりがいを感じますね。

2021年4月からは、新規オープンした医院の分院長を任せていただいています。経営やマネジメントに関するマニュアルもそろっているのがありがたいですね。3年から5年後には院長として完全に自立を考えているので、とても良い経験になっています。とはいえ、まだ矯正治療も医院運営も学び始めたばかり。いつか夢を実現できるよう、積極的に知識を吸収して成長していきたいです!

President Message
理事長メッセージ

医療法人社団OMS 理事長神崎 寛人先生

  • 設立年 1999年
  • DDS歴 30年
神崎 寛人
1992年
  • 東京歯科大学卒業
  • 東京歯科大学歯科矯正学講座入局
1999年
  • こうざき歯列矯正クリニック開業
2006年
  • 医療法人社団OMS 設立

出身地:神奈川県/資格・所属学会:日本矯正歯科学会臨床指導医、日本矯正歯科学会認定医/趣味:オートバイレース、機械整備、読書/座右の銘:迷ったら進む/オススメの勉強法:教育系YouTubeであらすじを見てから本を読む

神崎 寛人

柔軟な考え方で、 歯科業界の未来を 変えませんか

ヒューマンスキルも高め
自己満足ではない治療を

当法人の診療の柱は矯正、ホワイトニング、予防。特にインビザラインも含めたアライナー矯正には開院前からの豊富な知識と経験があり、難症例にも対応できるのが強みです。またこれまでの矯正では、計画通りの結果を得られないケースも少なからずありましたが、何度も試行錯誤を繰り返したことで確実に納得のいく状態に仕上げられるノウハウも構築できました。法人としてしっかりバックアップするので、臨床経験が浅い方も勇気を持っていろんなことに挑戦してほしいですね。入職後は経験年数を問わず、まずは社会的な価値観の変化や、経済について座学で学ぶところからスタートします。すぐに手を動かしたいという方もいるかもしれませんが、これらを理解していないといつの間にか社会貢献という本質からずれて、独りよがりで自己満足な仕事のしかたになってしまうんです。皆さんには歯科医師としてはもちろん、社会人としても成長してほしいと思うからこそ、基本的な教育を大切にしています。

[全文表示閉じる]

既存のやり方に固執せず
積極的に挑戦してほしい

今後の目標は、5年以内に分院を3院以上増やすこと。これから入職されるドクターにはぜひ各院長として活躍していただきたいですし、ゆくゆくは法人自体をあなたに継承することも考えています。そのためにも、積極的に技術だけでなく広い視野と深い知識を身につけていってほしいですね。今でこそ当たり前になっている「インプラントアンカー矯正」ですが、実は神奈川県で最初に取り入れたのは私だと自負していて。このように、旧来の治療法に固執せず可能性を広げていきたいというのが、昔から持っている想い。だからまだ存在していない治療を開発していくなど、どんどん新しいことを試してみたいタイプの方ほど当法人には合っていると思いますね。10年後、20年後の自分の姿を想像するとワクワクしませんか。私のポリシーは「迷ったら進む」です。臨床をする上で迷うことがあったとしても一緒に前進し、より高いレベルの歯科医療を実現させましょう!

[全文表示閉じる]

SCHEDULE
一日のスケジュール

  1. 出勤・朝礼

    その日予約のある患者さんのカルテをチェックし、1日のスケジュールと仕事内容を整理。朝礼で申し送り事項の共有を行ったら、診療準備をします

  2. 午前診療

    成人の患者さんが多く来院されます。現在は理事長のフォローのもと、インビザライン治療のための精密検査や診断に力を入れているところ。

  3. 昼休憩

    症例検討会に参加して知識を深め、その後近隣の飲食店でランチ。時間があれば参考書を読んだり、動画マニュアルを観たりします。

  4. 午後診療

    早い時間は小学生、夕方からは中高生が多く来院。笑顔を絶やさず、「今日は学校どうだった?」など、気持ちがなごむような対応を心掛けます。

  5. 退勤

    カルテの処理を終えたら、1日の振り返り。理事長からフィードバックを受けたり、治療方針に悩んだときは症例相談をしたりします。

STUDY × TRAINING
教育体制

医療従事者としても人としても大きく成長できる環境。日本矯正歯科学会の認定医・指導医である理事長のもと、インビザラインに強いドクターを目指せる。

  1. まずは社会人として 基礎知識を身につける

    「よき医療人である前によき社会人であれ」が当法人の考え。経済や人々の価値観の変化、どのように社会貢献すべきかなど、すべての礎となる知識を学んでいく。

  2. 疑問を都度解消しながら 着実にステップアップ

    最初は診断から処置まで理事長や先輩ドクターが必ずチェックを行う。質問しやすく、フィードバックの時間も設けているため、不安や疑問はすぐに解消できる。

  3. 週1回以上の症例検討会で 知識を深め、視野を広げる

    週1回以上、担当医と理事長で症例検討会を実施。いつでもベストな治療を提供できるよう、すべての新規患者さんに対する方針について話し合っている。

CAREER PATHS
キャリアパス

個々のキャリアビジョンに合った働き方が可能。治療はもちろん経営についても、理事長が長年にわたり積み重ねてきたノウハウを惜しみなく伝授する。

  1. 1年目

    丁寧な研修を通じ 一歩ずつ成長

    理事長・先輩によるマンツーマン指導のもと、基礎を固めていく時期。紙と動画のマニュアルを用いながら、座学と実技研修を同時進行する。

  2. 2年目〜3年目

    マウスピース矯正の 専門技術を高める

    インビザラインの経験・スキルを積んでいく。担当医制を採用しているため、初診時のカウンセリングから診断、処置まで一貫して行うことができる。

  3. 4年目〜

    臨床以外にも 活躍の場を広げていく

    分院長に就任し、治療以外に医院運営やスタッフマネジメントにも携わる。これまで6名のドクターが、当法人での経験を生かして開業している。

EQUIPMENT
院内設備

安全かつ清潔な空間で 確実な治療を提供する

より良い治療を実現するため、CTやセファロ、口腔内スキャナー(iTero)など最新機器を導入している。感染対策にもこだわっており、器具はオートクレーブとガス滅菌を使い分けて徹底的に滅菌。口腔外バキュームや、エアコンに除菌フィルターを設置し、さらに患者さんごとに消毒も行っているため、常に清潔な空間で働ける。

医療法人社団 OMSを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 法人の特徴は?

A1将来性のある矯正、審美、予防に特化し、年間300名前後の新患が来院されています。2021年にはたまプラーザにインビザラインとホワイトニング専門の医院を開院。今後も積極的に分院展開することを考えています。

Q2 院長は目指せますか?

A2勤務医として安定的に長く勤めたい方も、院長としてトップを目指す方も大歓迎。特に法人・多院経営を目指す方にはピッタリな環境です。将来経営者となるためのマネジメントをしっかりと学べますよ。

Q3 働きやすさについて教えてください

A32院ともに駅から徒歩3分以内で、時間にゆとりを持って働ける環境。女性の歯科医師も多く、育休から復帰したメンバーも活躍しています。もちろん、未経験者への指導体制も充実。一人ひとりのベストな働き方を応援しています。

医院情報

医療法人社団 OMS

  • こうざき歯列矯正クリニック/ ホワイトエッセンス・センター北院神奈川県横浜市都筑区中川中央1-29-1 グランドメゾン・センター北201
  • ホワイト歯列矯正クリニック・ホワイトエッセンス・ たまプラーザ神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-15-2 たまプラーザ黒沼ビル1F
志賀 正康先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 OMSの動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

志賀 正康先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 OMSの動画をチェック!

« TOPページへ戻る