SEARCH
powered by
患者さんのため、自分も医院もアップデートし続ける
  • DDS歴 24年目
  • 設立年 2004年
  • 出身地 秋田県

医療法人社団 いとう歯科クリニック

患者さんのため、自分も医院もアップデートし続ける

千葉県の歯科医院「医療法人社団 いとう歯科クリニック」理事長 伊藤 慎先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
理事長 伊藤 慎
理事長 伊藤 慎

医療法人社団 いとう歯科クリニック

理事長 伊藤 慎 先生

北海道医療大学卒
1997年
  • 北海道医療大学卒業
  • 秋田県内の歯科医院に勤務
2000年
  • 千葉県内の歯科医院に勤務
2004年
  • いとう歯科クリニック開業
2010年
  • 法人化

資格・所属学会:日本顎咬合学会咬み合わせ認定医、ISCD.CEREC国際トレーナー、日本臨床歯科CADCAM学会、日本口腔インプラント学会、日本歯内療法学会、日本顕微鏡歯科学会/リフレッシュ法:旅行、知らない街の散策

つまずいた先に
変化するチャンスがあった

当院では、検査・診断と治療計画立案にとことんこだわっています。まずはレントゲンや口腔内撮影ですべての歯の状態を把握し、患者さんのご希望を聞いた上で治療方法を検討。プランができたらファイルに資料や工程表をまとめ、「どの歯にどんな問題があるのか」「どんな処置が必要になるのか」「どれくらいのスパンで通い、いつ終わるのか」といった治療の内容と流れをしっかりお伝えしていきます。重要なのは、「選択するのは患者さん」だということ。こちらの考えを押しつけてしまわないよう、最後には必ず「いかがいたしますか?」とお伺いしています。

今でこそこれが当院のスタンダードですが、実はこの方法にいたったのは患者さんからお叱りを受けたことがきっかけなんです。あるとき歯が欠損している方に選択肢として入れ歯・ブリッジ・インプラントそれぞれについてご案内したら、「お金の話ばかりされる」と言われてしまって。自分では治療の選択肢を説明しただけのつもりだったので、すごくショックでしたね。でもそこから患者さんに誤解を与えない伝え方を試行錯誤し、たどりついたのが現在のスタイル。相手を尊重する姿勢を重視するようになって、「こんなに丁寧に説明してもらったのは初めて!」と言っていただけることも増えました。

広い世界を求め
外に出ることが大事

またデジタル設備を積極的に取り入れているのも当院の特徴です。患者さんへの説明や情報管理のためのツールとして「デンタルX」「デンタルフラッシュ」「ISIシステム」など、業界トップクラスのIT機器を導入。インプラントの際もまずセレックとCTでシミュレーションを行い、ガイドを使って想定通りの場所にピッタリと埋入するという方法を採っています。これも、すべては「患者さんを安心させたい」という想いから。そのため学会や勉強会にも頻繁に参加して、最新の治療や機材の情報をどんどん得るようにしています。

勉強会は私にとって学びの場であり、同時に仲間をつくる機会でもあります。他院のドクターと話すと発見がたくさんありますし、その後も互いの院内セミナーに招待し合ったりとネットワークもできるんです。ときにはあまりのレベルの高さに打ちのめされ、帰りの電車で「自分はまだまだなんだ」と落ち込んでしまうこともありますよ。でも、その悔しさを向上心につなげていくことこそが成長の鍵。今後も現状に満足せず、常に上を見ていきたいですね。

私が持つすべてを
若手に伝えていきたい

研修明けの方が入職したら、座学・実践を組み合わせながら私がマンツーマンで指導します。それぞれ得意なことと苦手なことがあると思うので、一つひとつクリアできるよう個々のペースに合わせて進めていきます。また外部講師を招いた院内勉強会を開催したり、GPアカデミーの教材を導入したりとさらなるスキルアップの機会も多数用意。口腔外科や矯正など専門的な分野は、他院の治療を見学に行くこともできますよ。

私が新人だった頃は、まだ「背中を見て覚えろ」という時代。教えてほしいと言ったら叱られて、勉強会にもなかなか行けず、本当に苦労しましたね。そういった経験から、勤務医が勉強しやすい環境を用意したいと思っているんです。新たな知識を吸収し技術を高めていくことは、患者さんの満足に直接結びつくもの。だからここで働いてくれるドクターには、私のノウハウを1から10まできっちり伝えていきたいですね。今まさにマニュアルや資料を整えているところですが、「ちゃんと一人前に育てなければ」と思うと自然と力が入りますし、私自身も若手の方から刺激を受けられるのがとても楽しみでもあって。ぜひ一緒に学び、大きく高め合っていきましょう。

COMMIT
医院の強み

「患者さん目線」をモットーに、保険・自費を問わず幅広い治療へ対応。

  • 計画性を重視した治療

    カウンセリングで患者さんの希望を伺い、治療計画を立案。すべての工程を明瞭化するシステムの下、「終わりが見えている」状態で治療を進められる。

  • 専門性の高い分野にも注力

    口腔外科やエンド治療の専門医が在籍。地域の方が気軽に通える医院でありながら、大学病院にも引けを取らないハイレベルな治療を提供している。

  • スタッフにも優しい 医院づくり

    コンサルティング会社の協力を受けながら業務改善を推進中。誰もが働きやすい環境をつくるため、スタッフの意見を積極的に取り入れている。

STUDY × TRAINING
教育体制

基礎から応用までを着実に身につけられるよう、多様な学びの機会を用意。

  1. POINT.1

    知識・技術の両面を一つずつ習得

    診療マニュアルを用意しているほか、「GPアカデミー」の教材も導入。マネキン練習などを積みながら、しっかりとスキルを高めていける。

  2. POINT.2

    院外にも目を向け 柔軟な考え方を養う

    在籍専門医による勉強会や、外部講師を招いた院内セミナーを開催。学会や他院で行われる発表会にも積極的に参加でき、視野を広げられる。

  3. POINT.3

    手厚いサポートでリスクの少ない独立を実現

    開業を目指す方には経営のノウハウも指導。まずは分院として開院し、患者さんが定着して軌道に乗ったら譲渡という形をとることも可能。

医療法人社団 いとう歯科クリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 診療環境は?

A1「か強診」「外来環」の認定も受けている安心の環境です。マイクロスコープやCTなど、最新機器を導入しているほか、院内感染対策も徹底。器具はクラスBオートクレーブで滅菌し、ドアノブや電気スイッチも都度消毒しています。

Q2 働きやすさは?

A2平日の診療は18時まで。片付けを10分以内に済ませることを目標にしてから、残業時間がどんどん減っています。有給休暇も取りやすく、消化率はほぼ100%。産育休の取得&復帰実績もあり、男女共に長く活躍できる環境です。

Q3 スタッフの雰囲気は?

A3総勢20名以上のメンバーが活躍中。Dr・DHのほかDAや事務長も在籍しており、分業体制は万全です。忘新年会や歓送迎会、院内旅行など交流を深める場も多数。何でも話しやすい関係が、診療中の連携にも生きています。

医院情報

医療法人社団 いとう歯科クリニック

  • 千葉県富里市日吉台3 - 2 4 - 6
伊藤 慎先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 いとう歯科クリニックの動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

伊藤 慎先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人社団 いとう歯科クリニックの動画をチェック!

« TOPページへ戻る