SEARCH
powered by
高い技術力を武器に自分の目標に向かって歩んでほしい
  • DDS歴 17年目
  • 出身地 京都府
  • 設立年 2009年

医療法人 隆歩会あゆみ歯科クリニック

高い技術力を武器に自分の目標に向かって歩んでほしい

大阪府,京都府の歯科医院「医療法人 隆歩会あゆみ歯科クリニック」に勤める福原 隆久 先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
理事長  福原 隆久
理事長  福原 隆久

医療法人 隆歩会あゆみ歯科クリニック

理事長 福原 隆久 先生

朝日大学卒
2004年
  • 朝日大学歯学部卒業
  • 岐阜県の医療法人に勤務
2007年
  • 大阪府の医療法人にて分院長に就任
2009年
  • あゆみ歯科クリニック開業
2011年
  • 医療法人隆歩会設立、理事長に就任

資格・所属学会:IDIA国際口腔インプラント協会専門医、日本口腔インプラント学会、日本補綴歯科学会/趣味:スノーボード、将棋、インプラント/ モチベーションUP術:5年後、すごくなっている自分を信じ続ける

「患者様の歯を残す」
すべての治療はそれが指針

当院の治療方針は「長期予防」。目指しているのは、世代別平均残存数の伸長です。つまり、当院に通っている患者様が、同世代と比較して多くの歯を残していること。すべての治療はそこを指標としています。根管治療や歯周病治療で「歯を残す」ことを追求しているのはもちろん、補綴に関してもそれを意識。やむなく抜歯に至るケースでも、インプラント治療を選択するなど、残存歯への影響を最小限に留める治療を行っています。重度のペリオの場合には、顎骨が痩せてしまっていることが多いものですが、そういった方に対しても、通常のGBR法はもちろん、スプリットクレスト、サイナスリフト、ブロック骨移植などさまざまな方法を駆使し、インプラント治療の適用を可能にしています。また、虫歯や歯周病のリスクを低減させるという観点から、歯列矯正も積極的に導入。ワイヤー矯正に加えて床矯正、マウスピース矯正など、幅広い選択肢を提供しており、MFTにも力を入れています。このように、すべての分野において理論に基づいた高いレベルの治療を実現していることが、当院の大きな特徴です。

やるべきことを段階的に設定
だから、高い技術が身につく

これらの技術を効率よく着実に身につけられるよう、新人ドクターのための手厚い育成カリキュラムを用意。抜去歯牙で練習するほか、GPアカデミーの講座も活用し、毎月届く模型を使ってさまざまなテーマについて学んでいきます。各項目の到達度はその都度チェックし、合格したものから実際に患者様の処置を担当。同時に、そのクリアした項目が治療計画に含まれる初診患者様を徐々に配当していく、というシステムになっています。これを繰り返すことで、2年目には、ほぼすべての保険診療について合格レベルに達し、任される治療の範囲もどんどん広がっていきます。

3~4年目はこうした基礎の上に立って、矯正やインプラント、歯周外科などの高度な治療にも積極的に挑戦していくステージ。オペの際には私がアシスタントに入り、適宜状況を見ながらアドバイスをしていきます。そして5年目以降は「仕上げ」の段階。総合的な治療計画の下で咬合再構成を行うような難症例も手がけながら、歯科医師としての実績をどんどん築いていただきます。同時に、独立開業を目指す方には経営や人材マネジメントも指導。もちろん、分院長としてマネジメントに携わりたい方や、勤務医として治療に専念したいという方についても、それぞれの将来設計に合わせてバックアップしていきます。

好きなだけ活用できる充実した学習環境

当院の教育体制の特徴は、豊富な学習機会と、主体的な学びを可能にする環境。ドクターミーティングを毎月実施するほか、マイクロスコープやインプラントの実習、最近では新しく取り入れた光学印象の勉強会を行いました。外部講師を招いた院内セミナーも積極的に開催しています。日常的なものとしては、診療後に翌日の患者様の資料を見ながら、ドクター全員で毎日5ケースほどを検討しています。意見を交換することでより良い治療が提供できますし、他のドクターの症例を自分の知識に加えていけるのです。また、当院の建物は 24 時間開放。ライフスタイルに合わせて、朝でも夜でも自由に練習可能です。もちろん道具は使いたい放題。上階は私の住居なので、相談に乗ることもできます。

私が尊重したいのは、それぞれのドクターが自分で決めた「生き方」。それを実現するための「引き出し」は、当法人に数多く用意してあります。自分に必要な「引き出し」を開けて、望んだ人生を歩むための糧を得てもらえればうれしいですね。

DDS CAREER INTERVIEW
先輩Drが語るキャリアSTORY

あゆみ歯科クリニック松井山手 歯科医師 南 康彦 先生

  • DDS歴 5年目
  • 入職年 2018年
  • 出身地 和歌山県
南 康彦
2016年
  • 徳島大学卒業、紀南病院 歯科口腔外科にて臨床研修
2018年
  • 医療法人 隆歩会に入職

所属学会:日本口腔外科学会/DDSを志したきっかけ:歯科医師である父の姿をみて/リフレッシュ法:読書やゲームなど何かに没頭すること/座右の銘:成せば成る!/オススメの本: 西田文郎 著『No.2理論: 最も大切な成功法則』

南 康彦

一段一段着実に登り、その先の未来を自由に描きたい

ステップを踏んで学ぶ環境が自分に合っていた

大学卒業後は口腔外科を専攻。一般診療の経験はあまりなかったので、基本をしっかり学べる環境で働きたいと考えて当法人に入職しました。ここでは新人ドクター向けのカリキュラムが用意されており、「この時期にこれができているように」という明確な指標があることがわかりやすかったですね。理事長から直接指導が受けられることに加え、歯内療法など各分野の講師を招いて行う勉強会もとてもためになりました。また、医院の建物は常時開いているので、自分の都合の良いときに練習できますし、材料や道具も好きなだけ使えます。実習用具で欲しいものがあれば、購入もしてもらえます。このような環境で 2 年間過ごしたことで、入職当初には考えられないほど、自信を持って診療に臨めるようになりました。段階を踏んで一つずつ着実に学んでいく教育方針が、私に合っていたと実感しています。自ら学ぶ意欲のあるドクターにとって、当法人は最高の環境なのではないでしょうか。

[全文表示閉じる]

ハイレベルな治療に触れて学ぶ意欲がさらに高まる

こうした教育体制に加え、勉強熱心な先輩が身近にいることが、何よりの刺激に。理事長は休日も学会やセミナーに飛び回っており、そこで学んだ新しい知識や情報をどんどん現場にフィードバックしてくれます。先輩ドクターの人数も多く、さまざまなやり方や考え方を学ぶことが可能。たくさんの症例を経験できることも、自分の成長の糧になっています。「これしか知らないから、この方法でやる」のではなく、幅広い選択肢の中から「ベストな治療」を患者様に提供できることが、歯科医師としての大きなやりがいにつながっていますね。今の課題は、治療の精度を上げること。理事長や先輩の高いレベルの治療を見ると、自分ももっと上手になりたいという意欲が湧いてくるんです。将来進む道は、まだ決めていません。これから数年たって自分が描く未来が見えてきたときに、どこにでもいけるような実力と経験を身につけておきたい。そのために、今できることに精一杯取り組んでいこうと思っています。

[全文表示閉じる]

SCHEDULE
一日のスケジュール

  1. 出勤・朝礼

    医院は24時間開放し、材料も使い放題。朝型のドクターは早めに出勤して模型で練習しています。練習中は理事長や先輩にいつでも相談可能。診療は10時からなのでゆとりがあります。

  2. 午前診療

    実習を重ねて合格した項目から処置を行い、それに応じて初診患者様も配当。準備は効率化し、できる限り多くの患者様を診られるよう努めています。

  3. 午後診療

    外来に加えて訪問診療にも携われるので、多様な臨床経験を得られます。ドクター一人に対してアシスタントや歯科衛生士がつき、役割分担をしながら丁寧に治療を行っていきます。

  4. 退勤

    診療後は各ドクターが担当する患者様の治療計画を発表。理事長や先輩と話し合いながら、診断力を養います。自分のレベルでどの患者様を担当できるかについても、ここで相談。夜型のドクターは残って技術の練習をすることも。

CAREER PATHS
キャリアパス

各段階の課題を明確化し、成長の道筋が見える教育カリキュラムを用意。

  1. 1~2年目

    実習→チェック→実践で高質な基礎力を習得

    若手ドクター向けの実習教育講座「GPアカデミー」を活用し、毎月届く模型を使って各項目をクリア。身につけたスキルはすぐに臨床で実践できる。

  2. 3~4年目

    万全のサポート体制の下 自費診療やオペにも挑戦

    インプラントや矯正、 オペなど、高度な治療にも挑戦。理事長の チェックやフィードバックが常に受け られるため、安心して取り組める。

  3. 5年目

    咬合再構成の症例にも対応 認定医取得のサポート

    すべての治療技術を駆 使して取り組むような、高度なケースにも 対応。開業や分院長を目指すドクターに は、マネジメント面の研修も行う。

EQUIPMENT
院内設備

最新設備をドクター全員が活用、口腔内スキャナーも導入

治療の精度を追求するため、最新機器を多数導入。CTやマイクロスコープ、レーザーに加え、 口腔内スキャナー「iTero」も完備している。これらの設備をドクター全員が使いこなせるよう、勉強会も開催。また院内には、スタッフも患者様も利用可能な保育園も併設している。

COMMIT
医院のこだわり

インプラントや矯正などを「とりあえずやる」のではなく、精度の高さを追求し難易度の高い治療も実践。その目的はもちろん、「歯を守る」こと。

  • 歯を多角的に守る総合力

    矯正やインプラント、歯周外科など多くの自費診療科目もカバー。予防と保険治療だけでは対応しきれない状態の口腔を、高度な技術で改善させる。

  • ハイレベルのインプラント治療

    理事長はIDIA(国際口腔インプラント協会)専門医。ハイレベルの治療を求めて遠方から来院する患者様も多く、臨床の中で高い技術を学べる。

  • 「快適さ」の追求で、来院を促進

    個室診療制や丁寧な接遇などで、「また来たくなる医院づくり」を推進。患者様の継続した通院につながっており、安定した予防管理を実現している。

NOTE
勉強ノート

「自分の生き方は、自分が決める」が基本

「自分がどう生きるかを決めるのは、自分自身」。一言で表すと、これがアドラー流の考え方。私自身の考え方のベースにもなっています。 ドクターやスタッフそれぞれが持つ「良さ」を引き出し、その人自身が自分で目標を見つけられるようにサポートするのが私の役割。 そして見つけた目標に対して、リーダーとして何をしてあげられるかを常に考えています。意欲的にバリバリ学びたい人も、マイペース に働きたい人も、すべて等しく尊重するのが当法人の風土。人から押し付けられた生き方ではなく、「自分がどうしたいのか」を大切にしてほしいと思います。本書は、そんな姿勢を養うためのエッセンスがちりばめられているので、若手ドクターにもぜひ読んでいただきたいですね。(理事長・福原 隆久)

あゆみ歯科クリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 教育体制について教えてください

A11~2年目は保険診療やベーシックな自費診療、3~4年目はインプラントや矯正といった、年次ごとのカリキュラム・ マニュアルを用意。また模型や形成は慣れるまで理事長が自らチェック。丁寧なアドバイスで着実に成長できます。

Q2 認定資格の取得は 目指せますか?

A2IDIA(国際口腔インプラント協会)専門医の理事長の下、認定医取得に挑戦することが可能。ほかに、日本歯周病学会認定医の取得サポートも行っています。また、勤務年数に応じて各種セミナーへの参加費用も補助します。

Q3 福利厚生について教えてください

A3社保完備はもちろん、引っ越し手当・家賃補助など充実した待遇を用意。遠方の方も勤務しやすい環境を整えています。 また院内には保育園も設置しているため、女性ドクターも安心してお越しください。

医院情報

医療法人 隆歩会

  • あゆみ歯科クリニック松井山手京都府八幡市欽明台西31-8
  • あゆみ歯科クリニック長尾大阪府枚方市長尾元町5-21-6 長栄ビル1F
  • あゆみ歯科クリニック京田辺花住坂京都府京田辺市花住坂2-1-1
福原 隆久 先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

福原 隆久 先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る