SEARCH
powered by
30年後、虫歯ゼロの日本をこの小さな医院から
  • DDS歴 36年
  • 設立年 1994年
  • 出身地 三重県

医療法人グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科

30年後、虫歯ゼロの日本をこの小さな医院から

愛知県の歯科医院「医療法人グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科」院長 蛭川 登夫先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
院長 蛭川 登夫
院長 蛭川 登夫

医療法人グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科

院長 蛭川 登夫 先生

愛知学院大学卒
1985年
  • 愛知学院大学大学院歯学研究科修了
  • 同大学歯学部補綴学教室に勤務
1994年
  • グリーンヒルズ歯科クリニック開業

資格・所属学会:愛知学院大学歯学部講師、日本補綴歯科学会/DDSを 志したきっかけ:歯科医師である伯父に憧れて/モチベーションUP術: “プラス発想”を心掛ける/座右の銘:徳を尚ぶこと学知金権より大なり

謙虚に、ポジティブに 患者さんと向き合っていく

私がこの仕事をする上で軸にしているのは、「歯を診させて頂いていること」への感謝です。歯医者は別に偉い人間というわけではないのに、それでも私を頼って来てくださり、治療にお金を払ってくれる患者さんがいる。こんなにありがたいことはないですよね。だから治療をする以上は満足してもらいたいし、「ここに来て良かった」と思ってほしいんです。

だから、「患者さんが望まないことはしない」のが当院のモットー。きちんと納得した上で診療を受けてもらえるよう丁寧に説明していますし、治療した方が良い歯でも、ご本人が希望されなければ処置を進めることはありません。また、お話をするときは必ずプラスな表現を使うこともこだわりの一つ。特に子どもの患者さんには「歯を磨かないと虫歯になるよ」ではなく「キレイにしたら良いことがあるよ」のように伝え、 1 秒でも磨ければ褒めてあげるようにしています。するとそれが子どもたちにとって「頑張った」「褒められた」という成功体験になり、ケアが日常に根付いていくんです。

人間としても愛される 歯科医師を育てたい

たとえ世界最高の技術を持っていても、人間として信用できない歯科医師は患者さんを喜ばせることはできません。歯の治療は、患者さんにとってただでさえ不安なこと。だからこそ、「この人になら任せられる」と思ってもらわなければいけないんです。そのため当院では、スタッフの内面を伸ばすことにも注力し、対話力や相手の立場に立った考え方を養成しています。また同時に、メンバー同士の人間関係を円滑にすることも重視。私自身もスタッフに対して「ありがとう」の言葉を忘れませんし、みんなが少しでも快適に働けるように待遇や就業環境も整えています。

もちろん勤務医の皆さんには、技術面もマンツーマンでとことん教えていきます。特に私は大学病院で補綴に携わっていたので、精度の高い形成や型取りの方法を学びたいという方にも最適だと思います。補綴においても重要なのは患者さんとのコミュニケーション。治療に満足していただくためには、ご本人の希望と、私たちプロが考える最善をすり合わせていく必要があります。一人ひとりの口腔全体を把握して「この形にすれば取れにくい、噛みやすい」といったお話ができるように、しっかりと知識を身につけていきましょう。

補綴を学んだからこそ 予防の大切さに気づいた

今後の目標は、歯を大切にしようと思う人を一人でも増やすこと。そしていつかはインプラントや義歯の必要ない社会をつくりたいと思っています。私は補綴を専門にしていますが、だからこそ日々「歯を失わないことの大切さ」を身に染みて感じていて。どんなに質の高い入れ歯も、天然歯にはかないません。本当に患者さんのためになることを追求すれば、「虫歯を治すこと」よりも「虫歯にならない歯をつくる」ことの方が大切に決まっているんです。

そして 1 本でも多く歯を残そうと思ったら、できるだけ若いうちから予防に取り組むことが不可欠。小児専門院である「みどりのおかのこども歯科」を開設したのもそのためです。全国の子どもたちが当院に通っているお子さんのように予防を習慣付けてくれたら、 30 年後には日本人の虫歯はほぼゼロになるでしょう。まだまだ遠い道のりではありますが、でも決して不可能なことではないと信じています。この小さな医院から、「虫歯のない国」への道を開いていけたらうれしいですね。

MESSAGE
歯科医師 メッセージ

大野 聡子
大野 聡子

歯科医師 大野 聡子先生

  • DDS歴 14年目
  • 入職年 2017年
  • 出身地 愛知県
2007年
  • 愛知学院大学卒業
  • 愛知学院大学歯学部附属病院にて臨床研修
2008年
  • 愛知県内の歯科医院に勤務
2017年
  • グリーンヒルズ歯科クリニック入職

DDSを志したきっかけ:人の役に立つ仕事に就きたかったから/休日の過ごし方:子どもと一緒に工作をする/モチベーションUP術:5年後のなりたい自分を想像する/モットー:感謝の心を忘れない

育児も満喫しながら診療を楽しんでいます

小児診療で心掛けているのは、生活習慣や口腔習癖まで気を配るこ と。子どもは舌の位置一つで歯並びが変化していくので、細かなところまで丁寧に優しく指導するようにしています。「前は泣いてばかりだったのに、ここでは楽しく診療を受けられました」というお母さんの声を聞くとうれしいですね。そんな私も、現在子育ての真っ最中。昼休みの間に幼稚園へ迎えに行き、午後から院内託児を利用することもあります。女性が長く活躍できる職場ですよ!

STUDY × TRAINING
教育体制

ハイレベルな技術や接遇、経営まで広く指導し、自立した歯科医師を育成する。

  1. マンツーマン指導で 疑問はすぐに解決

    補綴を得意とする院長が、精度の高い技術を基礎から指導。す ぐに質問できるオー プンな雰囲気があるため、不安を抱えず成長できる。

  2. 外部講習会へ参加し 幅広い知識を学ぶ

    学会・外部セミナー参加費を支給し、さ らなるスキルアップ を応援。学んできたことは資料にまとめ、院内勉強会で スタッフと共有。

  3. 医院づくりを学び次のステージへ

    患者さんの管理や経営ノウハウなど、開業に必要な情報を伝授。医 院の中でのキャリアアップや、後継者と しての道も用意されている。

グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 院内環境は?

A1ピアノやすべり台がある待合室はまるでテーマパークのよう。診療室は全チェアが見渡せるオープンな空間で、他職種との連携もスムーズです。また滅菌専門スタッフが在籍し、3Wayシリンジの内部まで個別に滅菌しています。

Q2 診療の特徴は?

A2一般歯科と小児歯科の2院が隣接。小児歯科では予防に力を入れており、咬合育成や食育も行っています。成人の診療では補綴・歯周病治療・矯正など多岐にわ たるメニューを提供。オールラウンドに学べる環境です。

Q3 働きやすさについて教えてください

A319時終業で残業はほぼなく、自分の時間も大切にゆとりを持って働ける環境。ま た産休・育休の取得実績があり、さらにスタッフ用託児所も完備しているので、 子育てと両立しながら活躍したいという方にも最適です。

医院情報

医療法人

  • グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科愛知県名古屋市守山区森孝東2-204-7
蛭川 登夫先生が働く職場の求人情報はこちら
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科の動画をチェック! »

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

蛭川 登夫先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »
動画コンテンツ
歯科医師求人動画サイト「CAMSTA」で
医療法人 グリーンヒルズ歯科クリニック・みどりのおかのこども歯科の動画をチェック!

« TOPページへ戻る