SEARCH
powered by
「できない」自分はいつの間にか消えていった
  • DDS歴 4年目
  • 入職年 2018年
  • 出身地 千葉県

医療法人社団 博誠会

「できない」自分はいつの間にか消えていった

神奈川県の歯科医院「医療法人社団 博誠会」に勤める岡田 祥子先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 岡田 祥子
歯科医師 岡田 祥子

医療法人社団 博誠会

歯科医師 岡田 祥子 先生

鶴見大学卒
2014年
  • 鶴見大学卒業
2017年
  • 鶴見大学歯学部附属病院・久世歯科医院にて臨床研修
2018年
  • 久世歯科医院入職

DDSを志したきっかけ:歯科医師である父を身近で見ていて、やりがいのある職業だと感じたから/リフレッシュ法:ショッピング/座右の銘:石の上にも3年/オススメの本:武藤晋也監修『若い歯科医師の疑問に答えますQ&A70』

あまりに丁寧な指導に衝撃を受けた

臨床研修先選びで重視していたのは、患者さんが多く存分に手を動かせること、また治療後にしっかりとフィードバックがもらえる環境であることでした。既卒歴が長かったので、他の人よりも遅れているというコンプレックスがあり、自分のスキルにも自信がなかったからです。その点当法人の指導は、文字通り「手取り足取り」。模型練習では、理事長や副院長が後ろから手を添えて「これくらいの圧でファイリングするんだよ」「インレーのスライスはこうやって入れるんだよ」と細かいところまで丁寧に教えてくれました。ここまでしてもらったのは初めてでしたし、他院に勤める友人に話したらすごく驚かれましたね。圧や強弱、角度を体感として覚えられたので、技術が身につくのも早かったと思います。また、形成も石膏模型の状態でチェックされるのではなく、実際に患者さんの口の中を見てその場で修正してもらえて。より精密さを追求し、質の高い補綴物を入れるということを実体験でき、とても勉強になりました。この経験から「ずっとここで学びたい」と感じ、研修後もそのまま当法人に入職。劣等感でいっぱいだった私も今では全般的に治療を任せてもらっており、先輩たちに「同じ歴のドクターより絶対にうまいよ」と言っていただけるようになりました。

言葉の選び方もスキルの一つ

患者さんへの接し方などについても学ぶことがたくさんありました。子どもの患者さんに対して、私は「もうお兄ちゃんなんだから」などと否定的な言葉ばかり使ってしまっていたのですが、副院長はとにかく褒めるスタイルを採っていて。そうすると、泣いていた子どもも泣きやみ、素直に治療をさせてくれるんです。「言葉一つでここまで変わるんだ」と感銘を受け、そこからは私も患者さん目線に立ち、一人ひとりに合わせた話し方や対応を心掛けるようになりました。患者さんはそれぞれ、お口の中も性格もまったく違います。赤ちゃんからご高齢者まで、毎日たくさんの方が来院されるので、技術の面でもコミュニケーションの面でも、多くのことを学べますね。

当院は担当医制ではないのですが、最近は指名をいただくことが増えました。自分が認められていることを実感できて、すごくうれしいですね。私の頑張りの源は、患者さんの笑顔。歯医者を怖いと思っている人もまだ多いですが、一人でも多くの方に笑って帰っていただけるような診療をしていきたいです。今後の目標は、患者さんのお口の中を診ただけで、どういう治療や検査が必要なのかを迅速、的確に判断できる歯科医師になること。そのためにも、さらに知識や診断力を高めていかなければと思っています。

この環境だったからこそ今の自分がある

副院長の恵先生は、まさに私のロールモデル。子育てしながら仕事を続けている上に、技術力が高く、患者さんからの信頼も厚くて…。本当に格好良いんです!いつも診療のことや今後のキャリアのこと、プライベートのことまで、いろいろと相談させていただいています。恵先生の背中を追いかけながら、理想の歯科医師像に近づけるように頑張っていきたいですね。

新人ドクターの皆さんも、きっと今は不安でいっぱいだと思います。でもだからこそ、当法人のように質の高い環境に身を置くことが大切。自身を振り返ってみても、当時「楽な道」に進む方が簡単でしたが、そうしていたら途中で歯科医師の仕事を辞めていたかもしれないと思うんです。今こうやって自信を持って治療ができるようになれたのは、どんどん上を目指せるこの環境があったから。あのとき当法人を選んで、本当に良かったです!

MESSAGE
副院長メッセージ

久世 恵
久世 恵

副院長久世 恵先生

  • DDS歴 28年目
  • 設立年 1999年
  • 出身地 東京都
1993年
  • 鶴見大学卒業
  • 鶴見大学歯学部第三補綴学講座診療科助手
1999年
  • 久世歯科医院を理事長と共に開業

資格・所属学会:厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医/リフレッシュ法:温泉めぐり、キックボクシング/モチベーションUP術:未来のために今できることを全力でする、オンとオフを完全に分ける/座右の銘:継続は力なり

あなたを「スーパードクター」にしてみせます!

当院のモットーは「患者さんファースト」。豊富な選択肢の中から患者さん自身に治療方法を決めていただいた上で、各分野のプロフェッショナルが最高の歯科医療を提供しています。ドクターの技術レベルの高さには自信がありますが、決して最初から全員がそうだったわけではありません。スキルに自信がない人、今後やっていけるか不安だという人も、ぜひ来ていただきたいですね。当院独自の細やかな指導で、必ず上達できるよう育てていきます!

STUDY × TRAINING
教育体制

実践重視の風土と具体的な指導が、確実な技術の習得につながる。

  1. マンツーマン指導で診断力と治療感覚を養成

    理事長と副院長が診断やコミュニケーション方法から指導。模型練習では、圧や角度の感覚を確実につかめるように手を添えて教えていく。

  2. 院内勉強会に加え外部研修でレベルアップ

    鶴見大学と提携した「アドバンス研修」を受講可能。フラップ手術や歯根端切除術などの高度な技術を、教授・准教授から直接学べる。

  3. 開業ノウハウを伝授。分院長の道も用意

    当法人から独立し、医院経営に成功している先輩ドクターが多数。立地や内装設計はもちろん、集患・資金計画などのノウハウも伝授する。

医療法人社団 博誠会を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 働きやすさについて教えてください

A1残業はほとんどなく、希望する方は時短勤務も可能。また全職種で産育休の取得実績が多く、今年復帰するドクターも。有給休暇も取りやすく、ライフステージが変わっても長く活躍できる環境が整っています。

Q2 どのような福利厚生がありますか?

A2社会保険完備はもちろん、遠方から入職する方には10万円の引っ越し補助を支給。頑張りはしっかり評価し、歩合や賞与で還元しています。また、外部講習会や学会の参加費用を補助するなど、スキルアップも応援しています。

Q3 法人の特徴は?

A3横浜・川崎に5医院を展開。口腔外科や矯正など、各分野を専門とするドクターを配し、総合歯科医療を提供しています。患者数は1日約100名。年齢層は赤ちゃんから高齢者まで幅広く、3世代にわたって通われている方もいます。

医院情報

医療法人社団 博誠会

  • 久世歯科医院神奈川県川崎市宮前区野川3010-1
  • 野川メディカル歯科神奈川県川崎市宮前区野川3000 野川メディカルセンター1F
  • スイート歯科クリニック神奈川県横浜市保土ケ谷区境木本町68-1
  • スイート歯科クリニックプラス神奈川県横浜市神奈川区新町21-8 新町第1 京急ビル2F
  • 有馬メディカル歯科神奈川県川崎市宮前区東有馬3-15-10 アクアビル2F
岡田 祥子先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

岡田 祥子先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る