SEARCH
powered by
まずは実践あるのみその方針が私を育ててくれた
  • DDS歴 3年目
  • 入職年 2018年
  • 出身地 千葉県

医療法人社団 Avantiユーカリが丘・デンタルクリニック

まずは実践あるのみその方針が私を育ててくれた

千葉県の歯科医院「医療法人社団 Avantiユーカリが丘・デンタルクリニック」に勤める江波戸 聡先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
歯科医師 江波戸 聡
歯科医師 江波戸 聡

医療法人社団 Avantiユーカリが丘・デンタルクリニック

歯科医師 江波戸 聡 先生

大阪大学卒
2008年
  • 東京大学工学部マテリアル工学科卒業
2009年
  • 大阪大学歯学部編入
2015年
  • 大阪大学歯学部卒業
2017年
  • 東京歯科大学千葉医療センターにて臨床研修
2018年
  • ユーカリが丘・デンタルクリニック入職

マテリアル工学から歯科へと大きな転換を図ったが、人の役に立てて感謝をしてもらえる、今の仕事を選んで本当に良かったと日々実感している。本を読んだりセミナーに参加したりと、スキルアップには余念がない。

「任せてもらえること」が入職の決め手だった

私の実家は歯科医院なのですが、初めは歯科には進まず、一般大学の工学部を卒業しました。その後マテリアル工学の研究を究めようと大学院に進学。当時は製造業の研究職に興味を持っており、そのまま就職をするつもりでいました。しかしいざ社会に出ようとしたとき、「果たして20年・30年後、世の中や企業が上向いているんだろうか」という不安が生まれてきて。これだけ変化の激しい時代なのだから、先行きが不透明な状況に身を置くよりも、手に職をつけたほうが未来は明るいのではないか。せっかく歯科医院という家業があるのだから、やはり歯科医師を目指すことが正解なのではないか…。そう考えて大学院を中退し、歯科大学への編入試験にチャレンジしたんです。

他の学生に比べてスタートが遅いことに焦りを感じていたため、大学で学んだことも「知識」として頭の中に置くだけでなく、いかに現場で生かしていくかを意識するようにしていました。そして就職活動においても、とにかく早く成長できることを重視。当院を見学した際、入職後はすぐに実践させる教育方針だと聞き、ここだと思いましたね。最初からしっかり治療ができるという自信があったわけではないですが、やってみなければ何も始まらないと思って。経験しながら技術を追い付かせていくつもりで、思い切って飛び込んだんです。

確実に成長している
その実感が自信を生んだ

入職後は、週2日は理事長のアシストで治療の流れを飲み込み、あとの3日で簡単な治療を行うというふうに学んでいきました。外来に加え訪問にも同行させてもらえたので、視野を広げていけましたね。実際に患者さんを診てみると「やっぱり治療は難しい」と感じる一方、「意外とできるものだな」という印象もあって。小さいながらも手応えがあったからこそ、「きっとできるようになる」と自分を鼓舞できたんだと思います。

最初の頃はずいぶん時間をかけて、慎重に診療をさせてもらいました。途中で分からないことがあれば理事長に確認したり、バックヤードに置いてある参考書を見たり。患者さんの口腔を預かる責任がありますから、新人だからといって質の低い治療を行うわけにはいきません。それを意識しながら、一つひとつ確実に処置を進めていきました。

そして日々経験を重ねていくうちに、どんどん感覚がつかめてきて。1年が経過した今では、当初1時間以上かけていた治療も30分まで短縮できるようになりました。ここまでスピードアップできたのは、やはり積極的に実践させてもらったおかげ。最初の職場に当院を選んで良かったと、心から実感しています。

もっともっと
レベルアップして
治療の幅を広げたい

当院の魅力は人間関係にもあります。理事長や先輩ドクターは高いスキルを持っているにも関わらず謙虚で優しく、考えを押し付けられることもありません。分からないことはいつでも誰にでも質問できるので、不安を抱えずに学んでいくことができました。また他職種のスタッフとも仲が良く、海外への院内旅行などはとても盛り上がります。ストレスのない雰囲気だからこそ、治療にしっかり集中することができ、毎日仕事に来るのが楽しみになりますね。

入職2年目になった今は、徐々に自費診療も任せてもらっているところ。初めての治療を行うときはまだまだ緊張しますが、できることが増えていく喜びは大きいです。今後は保険診療のスピードアップに取り組みながら、インプラントなど難度の高い治療にも挑戦していきたいと思っています。

大切なのは、とにかく一つひとつの診療へ真剣に向き合うこと。その姿勢が治療のクオリティーを上げ、成長を加速させていくんだと思います。私のように、たくさん経験を積んでいきたいと考えている新人ドクターにとって、当院はまさにうってつけの場所。向上心を持ち、一緒に腕を磨いていきませんか。

PRESIDENT MESSAGE
理事長メッセージ

理事長髙橋 二郎先生

  • DDS歴 15年目
  • 設立年 2017年
  • 出身地 新潟県
髙橋 二郎
2005年
  • 新潟大学卒業
  • 新潟大学医歯学総合病院にて臨床研修
2007年
  • 富山県内の歯科医院に勤務
  • 千葉県内の歯科医院に勤務
2017年
  • ユーカリが丘・デンタルクリニック開院
2019年
  • 医療法人社団Avanti 設立

日本歯周病学会/勤務医時代から温めてきた制度や職場活 性化のアイデアを積極的に実行し、スタッフがイキイキと 働ける理想の職場づくりを進行中。とにかくスタッフ想い で、一人ひとりの育成にも情熱を注ぐ。

髙橋 二郎

「開業しなくても良いかも」そんな医院づくりに注力

「優しさ」も大切なスキルの一つ

歯科医師として最も求められるのは“人間力”。つまり、相手の気持ちを読み取り、思いやりを持って接する力だと考えています。患者さんへの治療でも、スタッフ同士のコミュニケーションでも、それが何より大切です。人として成長したいと思う方の周りには同じ想いを持った仲間が集まり、互いに学び合える。良い雰囲気が広がって、さらに上を目指したいという想いが生まれる。技術はもちろん必要ですが、それは経験を重ねれば必ず後からついてくるものです。まずは正しい心構えを身につけることが、良きドクターになるための近道だと思っています。だから当院では、月に1 回外部講師を招いた接遇研修を実施。社会常識・マナーや医療人としてのマインドを定期的に学び、より医院全体の力を高めています。

[全文表示閉じる]

安定した未来を用意してあげたい

私が目指しているのは、勤務医が「一生ここで働いても良いのではないか?」と思える医院です。現在、独立開業するのが必ずしも正解とはいえない時代を迎えています。一人で多くのリスクとストレスを抱えるくらいなら、信頼できる仲間と支え合いながら働くという選択をしても良いのではないかと思うんです。当院はおかげさまでたくさんの患者さんに支持され、スタッフにも満足してもらえる就業環境を提供できています。これからドクター一人ひとりがもっと自分の長所を生かしながら活躍できるよう、場を整えていきたいですね。今後は医院拡大も視野に入れているので、分院長のポジションを用意することも考えています。そしてこの先私が第一線を離れるタイミングが来たら、後継者に当院を譲り渡すことになるでしょう。独立を目指す方の練習の場ともなる「疑似開業」ができるようなシチュエーションを用意していけたらと思います。

[全文表示閉じる]

スタッフは”家族“優しく育てるのが自分の役目

私はスタッフ全員に対して、家族のような愛着を持って接しています。定期的にドイツやハワイへの研修旅行を実施しているのも、みんなが普段できないような経験をしてほしいと思ってのこと。学びたいという気持ちは全力で応援したいし、困ったことがあればいつでも相談してほしい。そうやって若手を育てていって、歯科業界に優秀な人材を残していくことが私の務めだと思うんです。今はとにかくがむしゃらに頑張る意欲があれば大丈夫。あとは私や先輩がしっかりとフォローします。ぜひ当院で、充実した歯科医師人生を送ってください。

[全文表示閉じる]

SCHEDULE
一日のスケジュール

  1. 出勤・朝礼

    開院20 分前に出勤します。着替えを済ませてからシャッターをあけて、スタッフみんなで簡単なミーティングを実施。患者さんの情報などを共有し、診療スタートに備えます。

  2. 午前診療

    午前中は一人40 分のアポイント枠で診療を行います。患者さんが入っていないときは他のドクターのアシストをして学ぶことも。分からないことがあれば、理事長や先輩にすぐ確認できる環境です。

  3. 昼休憩

    医院があるマンションの3 階に休憩室が用意されているので、そこでスタッフが作ってくれた昼食を食べます。代金は医院が負担してくれており、カレーやトマト煮込みなど、毎日異なるメニューが楽しみの一つ。

  4. 午後診療

    夕方はお子さんが多く来院し、院内は一層にぎやかに。17 時から1時間の休憩があるので、近くの喫茶店で過ごすこともあります。

  5. 退勤

    診療が終わったら、みんなで掃除をしてから退勤します。ときには残ってその日に学んだことを振り返ったり、疑問点を理事長に聞いたりすることも。

STUDY × TRAINING
教育体制

座学やセミナーといった知識吸収型教育だけでなく、実践的に手を動かしながら学ぶことを推奨している当院。理事長や先輩のサポートの下、早くから患者さんに触れられることが魅力。

  1. 万全のフォロー

    理事長自らがマンツーマンで指導

    入職して半年間は、理事長からマンツーマンで指導を受ける。まずは当院の診療システムを理解し、その後技術と知識の両面から診療の基本を学んでいく。

  2. 実践重視

    1年目から診療機会を提供

    新人ドクターであってもすぐに臨床に入り、経験を重ねていける。もちろん、最初は先輩ドクターがつきっきりでフォロー。

  3. スキルアップ

    院外の勉強会にも積極的に参加

    外部セミナーに参加する際は医院が費用を負担。また長期の講座やコースで学べる機会もあり、どんどんスキルを磨いていける。

EQUIPMENT
院内設備

気持ちの良い環境でのびのびと働ける

開院3年目を迎えた当院。院内は明るく洗練された雰囲気で、広々とした診療室は動線にも配慮。感染予防も徹底しており、作業環境を洗浄度によって区域分け。作業の目的に応じて必要とする洗浄度を段階的にゾーニングしています。スタッフにとっても安心できる環境にこだわっているため、しっかりと治療に集中できます。

  • 着色除去のためのエアフロー。歯の表面を傷つけることなく、優しく洗浄していきます。

  • 導入したばかりのCT は、大学病院レベルの能力を発揮する最新モデル。小さなトラブルも見逃すことなく、患者さんに安心の医療をお届けします。

  • クラスB オートクレーブも完備。すべての器具を患者さんごとに交換し、滅菌を徹底しています。

STUDY
勉強方法

常に専門書に立ち返る、その習慣が力に

治療に関する書籍を積極的に手に取ることがモットー。現在は根管治療の本を空き時間に読んでいます。本は治療の根拠になるもの。講習会やセミナーよりも細かい説明が書いてあるので治療前に参考にしたり、自分の処置を振り返ったりすることに使っています。手を動かせるようになるには実践を積むのが一番ですが、それだけでは新しい知識は得られません。座学と臨床を組み合わせることで、知識の定着化とレベルアップを図っています。(江波戸 聡)

COMMIT
私たちのこだわり

一番の強みは、75%を超える高リコール率。 患者さんと良好な関係を築き、予防意識を高め てこられたのは、ドクターやスタッフの人間力が 醸成されてきた証し。

  • 自費専門の歯科技工所を併設

    良い詰め物やかぶせ物を作るためには、歯科医師と歯科技工士がきちんと内容や目的を理解して連携することが重要。コンサルの間にも見た目や強度面の相談を気軽にでき、シェードの撮影や丁寧な形成なども身に付けられる環境だ。

  • 歯を守りたい方のための医院

    予防歯科に注力。多くの歯科衛生士が在籍しており、患者さんに寄り添ってライフスタイルに合ったケアを提案している。

  • 「顔なじみ」の患者さんが多数

    患者さんとしっかりとコミュニケーションを取り、信頼関係を築いているから長く通われる方が多数。治療の説明やアドバイスもしやすい。

ユーカリが丘・デンタルクリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 診療の特徴は?

A1幅広い患者さんに対応するため、一般からインプラント、矯正、歯周再生治療、根管治療、義歯まで多岐にわたる分野に取り組んでいます。また予防にも注力しており、高いリコール率を誇っています。

Q2 チームワークは?

A2歯科医師はもちろん、歯科衛生士も担当制を採用。歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士が連携して経過や治癒に向けてのプロセスを把握し、患者さん一人ひとりに寄り添った取り組みができるため、やりがいがありますよ。

Q3 福利厚生について教えてください

A3社保完備に加えて、引っ越し補助や福利厚生サービスへの加入など充実した待遇を用意しています。さらに年に1 回の院内旅行は医院が旅費を負担。過去にはハワイやドイツを訪れ、みんなで盛り上がりました。

医院情報

医療法人社団 Avanti

  • ユーカリが丘・デンタルクリニック千葉県佐倉市ユーカリが丘3-2-1 ルナシティ103 号
江波戸 聡先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

江波戸 聡先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る